∴腕に赤いこんぺいとう∴

社会人になった管理人が日々の事を語るブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書いてない内に沢山の本を読みました

こんにちは、零です



3月後半から4月にかけては買い溜めていた小説ばかり読んでました


電気を節約しようとすると、テレビもパソコンもいじりにくくて…


結果が溜まっていた小説の消費でした


何冊読んだだろう?


なんだかんだ大した数ではないと思うんだけど


追記でご紹介





関係ないけど、めざましテレビの長野美郷って本当に俺好み






一人旅の頃に読んでいたのも考えると、大体15冊くらいか?


まず旅の時には電車内でちょこちょこと読み進めて2冊


・インシテミル <文春文庫‐米澤穂信>
 映画化されたアレです 
 映画は酷評が続いてましたけど、こっちは雰囲気良かったです
 ラストがちょっと訳分からなかったです
 読者に丸投げ系のラストはどうにもしっくりこない


・ランウェイ・ビート <宝島社文庫‐原田マハ>
 同じく映画化のアレです
 俺の注目女優の桜庭ななみが出演してるので観たかったんですけど
 映画は見れないなぁって思ってたのでこちらで想像再生しました
 携帯小説だったのかな?軽くてちょっと足りない感じでした



ここからは3月後半の春休み期間に読んだもの


『Gシリーズ』 <講談社文庫‐森博嗣>
・φは壊れたね
・θは遊んでくれたよ
・τになるまで待って
・εに誓って
・λに歯がない
・ηなのに夢のよう
 全部同じシリーズ物です
 GはGreek:ギリシャのGです
 森博嗣は理系ミステリのS&Mシリーズ、昔ながらの雰囲気のVシリーズ、
 重要なキャラのお話の四季シリーズと進んで行って、
 今回のGシリーズとなりました
 酷いのは、このシリーズが終わる前に次のXシリーズに着手してしまった事
 Xシリーズが終わる頃にGシリーズの話が進み出すという流れが
 お話の中であるとかないとか…
 それは良いけど、文庫化されていない「目薬αで殺します」がなかなか出ない
 そうなると、読む順序が変わって来ちゃう気が…
 

『Xシリーズ』 <講談社文庫‐森博嗣>
・イナイ×イナイ
・キラレ×キラレ
 問題のXシリーズ
 こちらはまだ文庫化されていない「タカイ×タカイ」があります
 早く出そうぜ!(* vωv)
 Xシリーズはクロスオーバーという意味を含んでいるらしく
 S&M、V、四季、Gを全体的に包括する主線となるのでは?と
 見ている読者もいるみたいです
 個人的にはあくまでサイドっぽくて、クロスオーバーはしてるけど
 Gシリーズの脇固めな印象が強いです


・ゾラ・一撃・さようなら <集英社文庫‐森博嗣>
 森博嗣の小説を探しまくって読んでみようと思ってたので
 集英社のものも買いました
 S&Mシリーズのサイドキャラが出てたけど、特に意味なかった気が…
 ハードボイルド系というのでしょうか?
 何ともオトナな雰囲気で俺は結構好きでした


・どきどきフェノメノン <角川文庫‐森博嗣>
 同じく森博嗣作品
 …実はコレ読み切ってない(´・ω・`;)
 なんかつまらんのだもん
 森博嗣なのに、事件が起こらないのです
 だから全然雰囲気違くて、途中で放ってある
 その内読みます


・僕の好きな人が、よく眠れますように <角川文庫‐中村航>
 大好きな中村航の恋愛小説です
 作者の小説は主人公が理系であることが比較的多くて
 想像しやすいので、好き
 それ以上に、ヒロインの女の子が俺の好み過ぎて、好き
 全体の雰囲気がふんわりしてて、好き
 今回に関しては終始甘甘な雰囲気で、恋愛したくなりました
 ちょっと救われないというか、嫌な事を後回しにしている感が
 これからどうする気?と気になりました
 あとは、これはもしや女の子は本気じゃないのか?と嫌な想像しました




さて、読んだのは大体これくらい


13冊か、結構少ないですね


ここからはこれから読む予定のものを列挙


そろそろお金入ったから買いたいし




・もえない <角川文庫‐森博嗣>
 これはもう買ってあるので、あとはいつ読むか


・学校のセンセイ <ポプラ文庫‐飛鳥井千砂>
 この人おススメですよ
 春がいったらでデビューの作家さんで、これがたぶん二冊目
 きっとその内ドラマ化!ってなる気がする


『百年シリーズ』 <新潮社文庫‐森博嗣>
・女王の百年密室
・迷宮百年の睡魔
 探してるけど見つからない作品
 面倒だから取り寄せようかな


『Zシリーズ』 <光文社文庫‐森博嗣>
・ZOKU
・ZOKUDAM
 アンチミステリらしいので悩んでますが、ちょっと読みたい
 森博嗣出し過ぎ!


『水柿君シリーズ』 <幻冬舎文庫‐森博嗣>
・工学部・水柿助教授の日常
・工学部・水柿助教授の逡巡
 同じくアンチミステリなので悩む
 森博嗣出し過ぎ!


『スカイ・クロラシリーズ』 <中央公論新社‐森博嗣>
・ナ・バ・テア
・ダウン・ツ・ヘヴン
・フラッタ・リンツ・ライフ
・クレィドゥ・ザ・スカイ
・スカイ・クロラ
・スカイ・イクリプス
 アニメで映画化されてたから知ってる人もいるのでは?
 あの映画がやっていた頃は、森博嗣って知らなかったな(たぶん)
 このシリーズはちょっと毛色が違うので、手を出すか悩む
 かなり悩む


・少女ノイズ <光文社文庫‐三雲岳斗>
 この人、ラノベも書いてるんだよなぁ
 肌に合うか分からないけど、きっと買っちゃう


『万能鑑定士Qの事件簿』 <角川文庫‐松岡圭祐>
 このシリーズはⅠ~Ⅸまでがとりあえず刊行されている
 すごく面白そうで、早めに読まないと
 ドラマ化かアニメ化かされてしまいそうな気が…
 Ⅰだけは確実に買う
 面白かったらそのまま流れていきます♪




列挙したら、まだまだ楽しめそうで安心した(笑)


けど、経済雑誌とか読みなさいって会社で言われてん


どうしよう…東洋経済とか読んでる俺とか…


DIMEとかサーカスじゃダメなのですか?


…頑張ります(´・ω・`)


では



スポンサーサイト

| 書評 | 08:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

見事、小説ばっかり?
会社が言わんとするのは、経済誌は読む習慣つけておいたほうがいいってこと。
東洋経済はOKです。
AERAも読むべし。

| ariel | 2011/05/03 01:25 | URL |

Re: タイトルなし

>arielさん
無論です
経済誌は読みたくて読むもんじゃないので(-ω-;)
東洋経済はあちらさんから提示されたおススメでした
AERAって経済誌なんですか?

| 零 | 2011/05/03 05:25 | URL |

いやーすごいねッ!!
13冊しかって…「13冊」だよ!!

インシテミル。
アタシついこないだやっとDVD借りて映画見たよ―(遅
期待してたけど…残念(´・ω・`) 笑


中村航は友達も最近ハマってるっていっててー
実は最近気になっております…( *´艸`)
何かオススメあったら教えてぇ♪

経済雑誌…東洋経済…
あれ、アタシ何一つしらないや(゜∀。)←
経済どころかビジネスマナーの本を読みあさる毎日な私って。←

| ひな* | 2011/05/10 22:12 | URL |

>ひな*ちゃん

うーん、ありがとう(笑)
そう言われると、そうなのかも知れないね~
結構読んでるかも

インシテミルってやっぱダメなん?
俺もDVD借りようかなぁ

中村航は一応デビュー作から3部作って扱いで出てるのがあるからそれから読んでいくのが良いのだけれど…
実際おススメと言われたら『絶対、最強の恋のうた』か『100回泣くこと』か『あなたがここにいて欲しい』かなぁ
どれか一つならとりあえず『絶対、最強の恋のうた』がライトで良いかも

経済誌は東洋経済だけだよ(笑)
DIMEとサーカスは全然関係ない雑誌(´・ω・`;)
そして、まだ買ってないっていうね
俺にはビジネスマナーはあまり必要ないけど、経済に対する関心は必要らしい
ひなちゃんも経済よりもビジネスマナーが大切な仕事ってことでしょ?(* vωv)

とりあえず、1年目は若者らしく駆け抜けようぜ(-∀-。)

| 零 | 2011/05/10 22:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ashitamoitumodoorini.blog52.fc2.com/tb.php/37-3481956b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。